製品情報

沿革

2017年10月
超音波式放電探知器(ウルトラホン) SE-55形 販売開始。
2016年10月
超音波式放電探知器(ウルトラホン) SE-50形 販売開始。
2013年 8月
超音波式放電探知器(ウルトラホン) SE-8形 販売開始。
2012年 6月
超音波式放電探知器(ウルトラホン) SE-33形 販売開始。
2010年10月
三井造船マシナリ-・サ-ビス㈱より「発動発電機据付工事」を受注。
2009年 7月
超音波式放電探知器(ウルトラホン) SE-15形 販売開始。
2004年 9月
㈱東芝よりモバイル用基幹ネットワ-ク機器(ITX)を受注。
2002年10月
埼玉県狭山市に小平工場を移転、狭山事業所として操業開始。
2002年 4月
国際環境マネジメントシステム「ISO14001」を取得。
1999年11月
航空自衛隊より発動発電機15kw、30kw、45kwの定期修理を受注。
1998年12月
日本電信電話㈱からNQAS適用登録を取得。
1997年 2月
国際品質マネジメントシステム「ISO9001」を認証取得。
1996年 1月
海上自衛隊より南鳥島基地用「航空管制用ポ-タブルコンソ-ル」を受注。
1995年 9月
国立極地研究所より南極観測隊向けアイスレ-ダ(ギガ波)を受注。
1994年 8月
小形ヘッドセット販売開始。
1991年 6月
本社、白金工場跡地に賃貸用マンション「メゾン白金」完成。
1986年 4月
アンリツ㈱より無線海岸基地用「短波通信制御卓」を受注。
1982年10月
超音波式放電探知器 SE-12形 
(財)放送文化基金より第9回放送文化基金賞を受賞。
1981年10月
㈱東芝より「ボタン電話機用主装置」の組立を受注。
1975年 5月
㈱東芝より600形電話機の量産組立を受注。
1969年 3月
東京都小平市に工場用地を取得し小平工場を新設。
1968年 3月
電々公社に高音量付属電鈴(電子式)を納入開始。
1966年 2月
電々公社に8号増設電鈴を納入開始。
1965年 4月
日立電子エンジニアリング㈱より電子計算機用各種試験装置を受注。
1961年 6月
自社開発製品の「超音波式放電探知器」「電波式放電探知器」を販売開始。
1960年 4月
航空自衛隊よりレ-ダの修理を受注。
1957年 4月
㈱東芝より気象レ-ダ装置及び各種通信用電子機器の
設計・製造・設置作業を受注。
1951年10月
㈱東芝より通信機用部品及び計測器類の修理を受注。
1951年 9月
東京都港区白金に本社及び工場用地を取得。
1950年 6月
東京都港区白金に資本金10万円で設立。
電気通信省向け「増設電鈴」「単独ジャック」の製造・販売を開始。